【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある
続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 自治体でも太陽光発電の助成金制度が導入されていますが、制度を実施している自治体の数はまだ限られています。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。

太陽光発電の助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が完了してからシステムの稼働開始後に可能となります。
なのでJ-PECへの申込が受理されることが無かった場合でも、自治体助成金の申請に間に合うこともあります。

国の助成金制度とは別に太陽光発電システム以外にエコキュートと呼ばれているモノもありますので検討してみてください。
また他の省エネ設備と一緒に設置しなければいけないという自治体も中にはあります。




【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:17/10/17

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素運動。

有酸素運動は減量に効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。

筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンス運動」と言われる運動です。

レジスタンス運動と言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベル運動やストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかける運動のことです。

これらの運動は、
有酸素運動のように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出してからだを動かすので、
無酸素運動とも言われます。

レジスタンス運動の主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

からだを支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンス運動は、
筋肉を刺激したり増やすための運動です。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素運動をした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンス運動をした高齢者の方が
有酸素運動を行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。


【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

★メニュー

【お役立ちメニュー】太陽光発電を自宅に設置するためにはいくらの費用が必要なの?
【お役立ちメニュー】家計に優しい電力確保なら太陽光発電
【お役立ちメニュー】保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリット
【お役立ちメニュー】高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
【お役立ちメニュー】長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
【お役立ちメニュー】注目が集まっている太陽光発電
【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電設置で社会貢献