【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる


【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。 太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。

電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。

太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。




【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:17/10/20

子どもの脳は
運動やお喋りや睡眠によって、
脳のシナプスを増やすことができるが、
それは常にある一定の限界を伴いながらでしか
脳のシナプスを増やせない。

例えば子どもに早期教育を施した場合、
確かに子どもの知能を高くすることはできるが、
早期教育を受けた子どもたちの中から
天才など1人も出て来ていない。

理由は早すぎる教育が
逆に子どもの脳に負担をかけてしまう…ということも考えられるが、
それと同時に早期教育では、笑いを完全に無視しているからだ。

子どもを笑わせないからこそ、
子どもは脳の限界を突破できないのである。

子どもは笑うと脳が快になり、
脳の限界が突破されるという作用が働く。

解りやすい例を挙げれば、
赤ちゃんは言葉をきちんと喋れる前に笑い出すし、
笑う回数の多い赤ちゃんほど
言葉をちゃんと喋れる日が早くなるのである。

笑うことで脳の限界を突破しているので、
笑えば笑うほど、脳の限界が次々に突破されていって、
お喋りと言う高い知能を要する行為ができるようになる。

なので
育児をしているなら、
お母さんはとにかく子どもを笑わした方がいいのだ。

子どもの笑いの壺はどこにあるか解らないので、
とにかく子供と何度も会話して
笑いの壺を探り当ててしまおう!

子どもの笑いは低レベルなものなので、
その低レベルな笑いでどんどん笑わせていけばいい。

子どもは「ウンコネタ」が大好きなので、
この手のウンコネタを豊富に持っておくことをお勧めする。

男の子の場合は、
このお下劣な笑いを更にお下劣にしてくるので、
「そんな下品なことを言わないの!」とかいって否定するのではなく、
子どものお下劣な笑いに付き合って、
子どもを笑わしてしまうことが大切なのだ。

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

★メニュー

【お役立ちメニュー】太陽光発電を自宅に設置するためにはいくらの費用が必要なの?
【お役立ちメニュー】家計に優しい電力確保なら太陽光発電
【お役立ちメニュー】保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリット
【お役立ちメニュー】高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
【お役立ちメニュー】長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
【お役立ちメニュー】注目が集まっている太陽光発電
【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電設置で社会貢献